ぼくと蘭女王様との出会い②

ぼくと蘭女王様との出会いの2回目です。

蘭女王様から、お返事が来た時、
嬉しい気持ちとサクラかも・・・と疑う気持ちと
両方ありました。

でも、返事をしないことには何も始まりません。
思い切って、返事をしました。

ぼくは初心者だということ、
女王様への憧れのことなどを
簡単にですが、説明しました。

ヤキモキしながら、お返事を待つこと3日・・・
とても長く感じられました。

そのお返事にはこう書かれていました。

「とりあえずメール調教してみない?」

「はいっ!よろしくお願いしますっ!」

すぐに返事を送りました。

しばらくはメール調教と
その合間にお互いのことを話したりしていました。

蘭女王様は普段はSMクラブで働いている本物の女王様であること、

SMクラブは所詮、仕事なので自分の思うプレイができなくて
SM専用出会いサイトを利用して、プライベートのM男が欲しかったこと、
などのお話をしてくださいました。

そうして、だんだんと蘭女王様に惹かれていきました。

ここまでの間は、まだSM専用出会いサイトを経由してのメールです。

2009/04/17